アイタイスってなんなんス

【社員編】vol.2 他己紹介−田村編−<Part2>

西村優祐

西村 勇祐

UPDATE 2019.07.11

この春、男所帯だったアイタイスに、突如舞い降りたうら若き乙女・田村めぐみ。
とにかく真面目で、どんな業務にも意欲的に取り組み、グングンと成長している、向上心の塊のような24歳です。
そのポテンシャルはとどまることを知らず、年上にも物怖じしない度胸やユーモアは、アイタイスに入るべくして入ったと言っても過言ではありません。

そんな彼女との出会いは、僕が講師を勤める、音楽系の専門学校でのことでした。その日にさかのぼって、今に至るまでを、彼女の人柄やエピソードとともに数回に分けて、元先生で現上司の西村がご紹介します。

綺麗なバラにはトゲがあるッス!

田村めぐみってこんな人

The・女の子

優しさと誠意と、酒と

純粋なハートで高みを目指す

さっそく、直筆のプロフィールシートを見ていきましょう。

これからは「たむ」って呼ぶようにします。
ツッコミどころ満載!

1995年4月19日生まれ。21歳の時に上京するまでは、出身地である大分県で育ったそうです。小さな頃の夢はケーキ屋さんで、おままごとをして遊んでいたという、絵に描いたような女の子。さらに、宝物は家族で、好きな場所は実家と、これだけで間違いなくいい子ですよね。

実際に彼女は、誰に対しても優しさと誠意を持って接している、というのが学生時代から今に至るまで持ち続けている印象です。

懇親会でのひと幕。無邪気な笑顔!

しかし! よく見てください。
趣味は「飲み歩き」、好きな飲み物は「ビール」、休日は「酒を飲んで過ごしている」とのこと。とにかく、酒が好きなんでしょう。九州の女っぽさが出てきましたね。
入社してから、1度だけ、僕と田村と彼女のクラスメイトだった女性と、3人で飲みに行ったことがあります。クラスメイトの子は、飲んだら飲んだ分、酔うんです。当たり前ですが。しかも、若者らしく、ガンガン飲むのでベロベロでした。

一方、田村は、同じペースで飲んでいるのに、まったく酔う気配がない。解散のときも、背筋をピシッと伸ばして「お疲れ様でした!」と電車に乗り込んでいきました。アイタイスでは、会社の飲み会というものが、ほぼありません。もしあっても、彼女のペースに合わせて酒を飲むのはやめようと思いました。

すでにインタビューなどの現場で活躍しています!

その他にもなかなかに独特な回答が。
好きな食べ物は『クラムチャウダー』だそうです。僕の人生史上、初ですね。「好物はクラムチャウダーです」という人。グラタンでもなく、シチューでもない、絶妙なラインを攻めてきました。田村を、食事に誘って、気を引こうとしている男子がいたら、おいしいクラムチャウダーを出す店を探してください。まず、見つからないでしょうから、頑張って料理の腕を磨く他ありませんね。

不意の撮影はNG!?

足のサイズは22.5cm、手のサイズは15cm。この時点でお分かりかと思いますが、身長151cmと小柄です。「手袋を買おうと思うと、キッズサイズしかない」と言っていました。彼女の年齢から手が大きくなることは、あまり期待できませんから、キッズサイズのおしゃれな手袋に出会えるといいですね。

ちなみに弊社のスタッフ、社長が178cm、西村が177cmあります。事務所をリノベーションするときに、我々の高さを基準に収納をつくってしまいました。そして田村が入社して2日後のことです。彼女は、キッチンやトイレの棚の上に置いてあるものを取るために、小さな踏み台を用意していました。できる女性です。1ヶ月目にして、特別手当(踏み台手当)が出ているかも知れません。

母から送られてきた、一風変わったふりかけシリーズ。

最後に、大切にしている言葉は“できることはできる。できんことはできん!”。とても潔いですよね。

僕が、田村の尊敬しているポイントのひとつに「純粋である」ということがあります。それを物語っていたのが、専門学校時代の教室での態度でした。

高校を卒業してから約2年間、社会人を経験していた田村。したがって、クラスメイトは年下ばかりです。そしてそこは、一度でも社会に出ている人からすれば当たり前のことが、当たり前ではない世界だったと思います。そんな環境の中で、素直にわからないことを人に尋ね、相談も、お願いもする。そんな姿が印象的でした。大人になるにつれて、そういうことって難しくなりませんか? しかし、田村はそうではありません。純粋に、それができる。それもきっと、強い向上心があってのことなのかな、と思います。

学びの意欲! 読んでいる本はというと……
『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』。本のチョイスが、もはや役員レベル。

さて、次回で田村の他己紹介は最終回。次は、田村の過去編です。驚きの経歴が明かされます……。

Editor’sNote

西村優祐

西村 勇祐

はじめて田村を見たとき、現役の学生よりも若く見えました。でも、歳を聞いても、それほど驚かなかった。すごい落ち着いていたし、大人への対応に慣れていたからだと思います。距離の詰め方が、大人のそれでした。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

1490(税込)

西村 レビュー

世界を変えたのは「締め切りを守る男」だった 【世界を一変させたWindows95の設計思想を生み出した伝説の日本人が教える 人生を制するスピード仕事術】